忍者ブログ

2017

1219
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0429
此処のところ、背後が珍しく忙しかったので一緒にヘロヘロしつつ(笑)朝朔よーノシ
やっと休み!という感じなのだけれど…だからといって、弱った身体を引きずってカラオケに行った挙句に帰ってきて持病発生というコンボはどうかと思うのよね。(多分タバコも調子に乗って吸いすぎた/今更ですが背後は成人してますよと(ry)
…皆さんも体調管理に気をつけて。(笑)

オフの遠征も近いのだし、体調には気を遣って欲しい所なのだけれどねー。ちなみに明日は、朝から食い倒れツアーらしいから…。もし、東京でお会いできる方がいたら、パンパンに膨れ上がった背後かもしれないわねー!(笑…い事じゃないNE!)

結社での発言もミスとか変なものが多かったりして、またちょっと反省中。駄目出しスパイラルね…
取り敢えずオフまでに体調を整えることを目標にしつつ、今日は私も早めに寝ることにするわ。

追記はかりん絵師様に描いて頂いたSDに寄せて書き物を。

着れば暑い。脱げば、寒い。
やはり衣替えの季節になるまで、見合わせるべきか。
長袖のままでは少し暑くなってきた。
去年は、実際に日本へ着いた時はもう肌寒くなっていて、夏服のことは先送りにしていた。その為に新調した夏の制服を身に纏い、朝朔は鏡の前で思案を巡らせていた。
少し丈が短かったかしら、と剥き出しの腕をさする。
袖の無い二の腕に宛がった指の間から、鏡越しに蓮の刺青がちらりと見えた。
「半袖にすると、見えてしまうのだったわね」
一人ごちる。
此処まで袖の短い服は久しぶりで、勿論毎日、入浴すれば目にはつくのだが…普段の生活でまじまじとこの刺青と向き合うのも、随分久しぶりな気がした。
元々、此処にあったものは銃創だ。
生まれてから6年を数えたあの年。
まだ暖かい、鮮やかな紅に塗れて斃れる両親の元へ駆け寄った。周りなど、見ていなかった。両親の身体へ辿り着く前に-…腕に鋭い衝撃が走って…-気がつけば、粗末ではあるが清潔感のある寝台の上に横たわっていた。
体の端々で痛みがした。目に付いた腕には、血の滲む包帯が巻かれていて。
何箇所か流れ弾に当たったと、聴かされた。蟲の存在を初めて感じたのも、この時だったように思う。
それを見る度に、心に鈍い痛みが走る。
その周辺の記憶を掘り返そうと、頭も鈍い痛みを訴える。でも周辺の記憶には靄が掛かっていて、ただ鮮明に両親の最期を思い出すのだ。
大好きだった両親。
その最期の姿を、覚えていたいのか、忘れたいのか…記憶を土に埋めるように、けれど忘れないように。銃創そのままを見るよりは幾分、気が楽になるかと自分から志願して、10になった時に創の上から刺青を入れた。
保護者の伝手には『裏』の彫り師など何人もいたから、年齢はさして問題にはならなかった。通っていた学校の教師が少し煩かったのと、公共の施設を利用し辛くなった程度だ。
「…痛かった、な」
厳つい顔の彫り師が、顔に似合わず可愛らしく蓮を意匠してくれたお陰で、少し嬉しくもあった。
けれども、体の痛みを耐え、好きな花を刻んでも尚、それを見るたびの心の痛みは消えることは無い。
今も、そう。いっそ丈を長くしようかと、少し考える。…だが。
夏が巡れば、18になる。 両親が逝ったのは寒い季節で…冬が来れば、あれからもう12年だ。
喪ったはずの感情や、表情は取り戻した。
そろそろ、記憶からも目を逸らさずに、向き合わなければならないのかも知れない。
「爸爸…媽媽。私、いま、とても沢山、大切に思う人たちが居るのよ。元気に大きくなっているから、心配しないで」
腕に咲く花を見て、呟いて微笑を一つ。
…けれどやっぱり、まだ少し寒いわね。
夏になったら宜しくねと、服に労いの声を掛けてハンガーへ。
少し憂鬱な気分を抱え服を眺めていると、「姉ちゃーん メシまだー?」と弟のような隣人が、喧しく戸を叩いた。
隣人はよく喋るので、何かを考えている暇が無い。
今日ばかりは彼に感謝をしなければならないと…今度は苦笑を一つ、浮かべた。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
片久瀬 朝朔
性別:
女性
職業:
学生
自己紹介:
こちらは【TW2:シルバーレイン】におけるキャラクターのブログです。
シルバーレインを御存知ない方には何の面白味も無いかと思われますので(笑)お引き返しなさることをお勧め致します。

めせ
levia_sareth4771あっとまーくほとめる.こむ
(大体オフラインで見てます。呼ばれると飛び出ます。)

*上記使用画像は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。 イラストの使用権は片久瀬背後に、著作権は総裕絵師さまに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
点取り様。
点取り占いブログパーツ
最新コメント
[06/08 つばき]
[04/16 クレール(背後)]
[11/12 クレール]
[06/17 トガリ]
[06/14 クレール(背後)]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP