忍者ブログ

2017

0925
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008

0202
また間が空いてしまって…気付いたら二月だったのだけれど、バタバタしてるわ体力は無いわ オマケに書く事が無いわで二月も二日よ。朝朔です。なかなか喋る元気が出ないわねー。
卒業もそろそろカウントダウンかしら。この間までは実感がなかったのだけれど、何となく寂しいわね。やっと実感が沸いてきたということなのかしら。
受験はそろそろ佳境…?別れもあるけれど、受験の季節が終われば 会えるようになる人もいるわ。それは楽しみなのだけど。
…時間が早く過ぎてほしいような、そうでないような。複雑な感じね。…卒業ブルーかしら?(笑)
そうそう、教室を覗いたら甘いお誘いばかりで…数に圧倒されたわー。去年も日本には居たはずなのだけど…日本の盛り上がりって、凄いわね。この季節は誰もが思う事かもしれないけれど、お菓子売り場やデパ地下は立ち入り禁止よねー!もう引く手数多で…。
バッチリお店側の戦略に乗せられているというか。でも幸せ(笑)
甘いものが苦手な人にとっては、辛い季節であるのかもね。

さて、明日は映画を見に行くのでそろそろ寝るわ。(笑)
お休みなさい。


 
 
 
 
 

!Coution!
発言する元気が出ないよアソパソマソ。
それはどうとして 相変わらず背後自己満足世界で御座います。
物語に関係のない事が嫌い、苦手などの方はお戻り下さいね!

朝朔はほぼ出てこない、そしてダラダラとセリフのみという感じです。
朝朔が香港へ帰ったときの、裏側の話。
 
 



日付が変わって暫く経った頃。追加で事務所から呼ばれたメンバーは近くのバーへと場所を移すため退散し、部屋には威虎、藍、朝朔の三人が残った。
が、朝朔は帰省と買い物の疲れもあってか、既にソファで轟沈しており、実質的には威虎と藍の二人がまだ眠りに落ちず酒を飲み続けている。
「そろそろアサキ、ベッドに入った方が良いよね。風邪引いちゃったら日本でしんどいし」
「…」
威虎がのそりと席を立つ。
「おいアサキ。起きろ、布団入れ」
「…んー」
「んー じゃねぇ」
「んん」
ソファの元で屈みながら話しかけていた威虎の首へ、朝朔は両手を伸ばす。そのまま手を首の後ろで組んで-…。 後は頼んだ。 の構えである。穏やかな寝息だけが、部屋に響く。
威虎は溜息を一つ吐くと、朝朔を抱え部屋をあとにした。

「ちゃんと布団に入れてあげた?」
「おう。何でああいう所は怠惰なんだアイツ」
「昔ッからそうじゃん。何処でも寝るしなアサキ…。懐かないけど、ベッドに運ぶのはお前の役目なんだよねー。藍ちょっとジェラシー」
「俺に素直なのはあの時だけだぜ」

「早いもんだね。この間までその辺よちよち歩いてたと思ってたのに」
「…こけてもヘラヘラ笑ってたな」
「生まれ…る前から知ってンのか。もうさ、半分妹で半分娘の領域だよね!
あの頃は お前の後ばっかり追いかけてたっけ」
「アイツは …覚えてねえ部分だ」

「もう18か…あと2年だねぇ」
「…ああ」
「17になる年に日本行ったんだった?お前が日本行きを許すとは思わなかったよ」
「どうせ…ハタチになりゃァ、ほんとのトコを話して…離れていく。早いか遅いかだと思った」
「それは解んないよ。実際のところを知って、アサキが信じるかどうかってのもあるし…反応はそん時になってみなきゃ解らんじゃない。悲観的だよねー」
「離れていかなけりゃ…カタギの人生に俺らは必要ねぇ。
ハタチまでは小父さんと小母さんの約束がある」

「でも日本行って変わったよねアサキ。知ってるー?好きなヒトいるんだって!」
「そういや聞いたぞお前、事故ンなよ。 …見りゃ解んだろ」
「モテない癖にその辺、鋭いよねー。」
「うるせえ。ホントにアサキの言葉の師匠はお前だな」
「身に余る光栄です」


「…日本へ行かせたのは、結果として良かったと思ってる」
「何で?」
「よく 笑うようになった」
「…そう、かも。あっちの環境に感謝しないとねえ」
「俺の前では滅多なことじゃァ笑わなかった。俺が知ってるのは泣き顔と怒った顔と…憎悪」
「自分でそれを選んだからね、お前は」
「…それがどういう感情であれ…。心を持って生きてくれりゃ、構わなかった」

「ま、楽しもうぜ。あと二年。ほら かんぱーい」
「何にだよ」
「メランコリック威虎にかんぱーい。そんでアサキの笑顔が見られた威虎くんにかんぱーい。ついでに俺とお前の友情ほぼ二十周年にかんぱーい」
「…酔ってンだろお前」
「まだまだ。しんみりしたし飲み直すぜ」

二人の宴はまだまだ続く。
空が明るくなった頃、ついに轟沈した二人と入れ替わりで朝朔が目を覚ます。
この空き瓶で何かアートが出来るのではないかと途方に暮れながら片付けを始める。毎日ほぼ一緒に過ごして、よく朝まで喋ることがあるものだと。
それが自分の話だったとは、露とも知らずに。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
片久瀬 朝朔
性別:
女性
職業:
学生
自己紹介:
こちらは【TW2:シルバーレイン】におけるキャラクターのブログです。
シルバーレインを御存知ない方には何の面白味も無いかと思われますので(笑)お引き返しなさることをお勧め致します。

めせ
levia_sareth4771あっとまーくほとめる.こむ
(大体オフラインで見てます。呼ばれると飛び出ます。)

*上記使用画像は、株式会社トミーウォーカーの運営する『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。 イラストの使用権は片久瀬背後に、著作権は総裕絵師さまに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
点取り様。
点取り占いブログパーツ
最新コメント
[06/08 つばき]
[04/16 クレール(背後)]
[11/12 クレール]
[06/17 トガリ]
[06/14 クレール(背後)]
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP